星空逍遥 sulafat

星空観察と天体写真

星空観察と天体写真

2018年10月

ノボフレックス製マウントアダプター ゲット

たまたまマルサンからオートガイドの問い合わせがって、逆にこちらからマントアダプターの質問をしました。
ニコンD810Aを購入して、手持ちのSigma50mmArtをニコンマウントに変えてしまったのです。それ以降810Aは望遠鏡に設置するので、Sigmaのレンズを使うことはありませんでした。Canonでちょうど50mmの画角で撮りたい時、使えませんでした。
マルサンに聞いたところノボフレックスを使っているとのことで、早速ヤフオク。するとタイミングよく出ているではありませんか?
すぐにポチ!
昨日やってきました。ぴったりサードパーティにも使え、次の遠征が楽しみです。

イメージ 1


たまたまですが今日仕事で富士市へ行きました。珍しい傘富士が見られましたのでUPします。

イメージ 2

2018JAL合宿

恒例のJAL合宿が南会津の楓林舎で10月13日~14日に行われました。
昨年は台風で中止、そしてそのリベンジで設定され5月も雨で中止、今回は空模様が怪しかったのですが、曇りや雨でも参加しようという方が多く、何とか開催されました。
GPVの予報やSCWでは、22時ごろは晴れそうという予報を信じ(私はあまり信じていけないような気がして//)、皆さん夕食前にセッティング。その時はなんと天の川が見え、南会津の素晴らしい星空を見ることができました。ただ、セッティングに夢中でその写真を収めることはなく、PCばかり見ていました。残念。
さて夕食は三野輪さんのおいしい手料理、まずここに来たならイワナの唐揚げを食べないと始まりません。まずはイギリスの黒ビールで乾杯、そのあとはおすすめの日本酒。会津は酒どころですから、イワナのあ唐揚げに合うことなんの。ちょっとばかり空のことは忘れ堪能しました。
イメージ 1

イメージ 2

夕食後は撮影開始と意気込んだところ、すっかり雲の中。
皆さんの機材チェックやら、普段会い出来ないかたとの会話やら、空を見上げながらなんとか坊主にならないように祈るばかりでした。
しかしあいにく回復はせず、宿に戻って一杯やる運びとなりました。
イメージ 3

宿のご主人から、曇り空は哀れと思ったのか、奥のほうから自慢のお酒を出してくれました。
一つは「竹島事変」という酒で、何も韓国に実質奪われている竹島で事件があったわけではありません。笑四季酒造の純米大吟醸です。酵母を購入する際間違えてしまって、できた酒があまりにもフルーティーな味わいとなり、失敗どころか大成功となった「事変」の酒だそうです。
シードルと日本酒の間のような、つまみにないときにはうまいかも。
イメージ 4

そのほか数種類出していただき、天文談義に花が咲きました。

希望が丘に行ってきました

10月7日、台風一過の晴れ間ということで希望が丘に行ってきました。
なんと4月以来半年ぶりの遠征です。
久々の荷物は重いのなんの、こんなに重いものを積み込んでいたかと思うと、これからが思いやられます。
いつものように里美の「アシリアベ」という知り合いのパン屋さんによって近況報告。早期退職でこの地にやってきた夫妻は、6月北欧に旅行に行ってきたそうです。死ぬ前に行ってみたいと旦那さんが企画したそうで、クルーズを含めた豪華な旅行のようでした。
日没一時間前に到着。すでに見慣れない方が巨石のまえに陣取っていました。どういう方か最後まで分かりませんでした。
半年ぶりとなるとセッティングに戸惑って結構かかり、特にBRCは前回冷却CCDからデジカメに切り替え撮影していたので、ガイドカメラも含めピントに大苦労しました。今回は修理に出したST8300がちゃんと動くかテストを兼ねています。その間につくばのKashiwabaraさんといわき市の税理士の方が到着しました。やっと写真を撮り始めたのは8時を回っていました。
風が予想より強く、その分空はすっきり透明度が良く、天の川が本当にきれいに見えました。その天の川を見ながらKashiwabaraさんと一杯。なんと至福の時でした。
そうしているうちに南西から雲が見え始め、あっという間に薄雲が広がり11時過ぎには雲だらけ。6か月のぶりの遠征は中途半端に終わりました。
ただこの日の天の川は特別でした。
イメージ 1


ギャラリー
  • 北アメリカ星雲  NGC7000
  • 半年ぶりに希望が丘に遠征
  • 関連会社の文化展に写真を出品
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 東葛星見隊「暑気払い」
最新コメント