星空逍遥 sulafat

星空観察と天体写真

星空観察と天体写真

2016年05月

M8(中心部) 一枚もの

5月4日の写真
本命はM106の追加撮影で、後は南天を狙ってと思っていましたが、当初の予定より雲が切れず、またPCとのEM400がつながらず(単に差し込み不足でした!)時間をとったため、南天を狙う時間がなくなってしまいました。3時過ぎにはもう白じんで来てアウト。LRGBの一枚となってしまいました。
それでも迫力あります。グロービュルが目立って活発な星雲なんでしょうね。夏まで再チャレンジです。
BRC250-M(1268mm)、ST8300M、AstrodonLRBG(-20℃)
EM400、Atikオフアキガイド
L10分  RGB(2ビニング)各 10分 1枚
イメージ 1

さそり座頭部と火星・土星

5月4日の遠征で撮ったサソリ頭部です。
この時期火星と土星が寄り添っており、記念にと思って撮ったはよかったのですが、かぶりがひどく処理に時間がかかってしまいました。
試しにPixInsihgtを使ってみましたが、機能がいっぱいありすぎて、いろいろ試しているだけで一日が過ぎてしまいました。たぶん使いこなせればいいソフトと思いますが、それには膨大な時間がかかりそうです。
お気軽画像処理の私としてはちょっとですね。教えていただける人がいるといいのですが。
お気軽撮影として購入したToastProは40枚撮影したうち使用できたのは28枚、3割がわずかですが流れていました。カメラとレンズでちょっと重いのかな。
処理の手順をすっかり忘れていて、うまくPSにつなげず、フラットやコンポジットに時間がかかりました。CCDStackぐらいは買わないといけないかな。
とりあえずUP
ToastPro、EosX5i、Sigma50mmEXDG
ISO800 F2 180秒  18枚

イメージ 1

希望が丘遠征

5月4日、東葛星見隊の皆さんと希望が丘に遠征しました。
朝までの雨が上がり風が心配されましたが決行。予報通り22時ごろまで雲が出て、撮影は薄明までの4時間ぐらいでした。3時過ぎには白んで来るんですね。季節の進みが早く感じられました。
KishinoさんやFujitaさんと一緒に行くのは何年ぶりでしょうか。お二人とも元気で、とても70台とは思えない行動です。
車は8台合計9人と大盛況で、撮影の合間も機材の話しやKishinoさんのFC65mm双眼鏡によるメシエ天体観測など撮影だけでは得られない本当に楽しい遠征となりました。
イメージ 1
手前がKishinoさんの双眼鏡
始まりが曇りですとちょっと調子がくるって、赤道儀とPCの接続が甘かったようで、動かない理由を見つけるのに30分もかかり、普段やっていないつけが出たようです。
夜半ごろには天の川が上ってきて、周りの明りも落ちて、素晴らしい星空となりました。
イメージ 2
画像処理はこれから
特にデジタルカメラの処理は久々なので、これまで画像処理講座で習ったこと復習したいと思います。
新しいソフトも出ているようで、こちらも日進月歩、勉強することがたくさんありますね。

半年ぶりに遠征

4月29日半年ぶりに遠征しました。
天気は晴れ時々曇り、風は4mとやや強めという予報で、0時に月が上るため写真はどうかと思いましたが、久々のチャンスで朧滝へ行きました。
いつも通り、知り合いのパン屋さん「アビシルベ」でお茶をして、夕食のパンをゲット。こちらは8か月ぶりの訪問で久々見ると、なかなかパン屋のオーナーらしくなってきました。
予報通り風が強く、時折「ゴー」と音がするほどうなりをあげて吹いていました。まわりの桜は年々成長して13年前の苗木からみるとたくましく育っています。その分視界が狭くなり場所取り、セッティングには注意が必要です。
この日は久々なので機材のチェックと数カ月目にポチった「TOAST Pro」の試し撮りです。ポタ赤のテストなんて家の近くでもできるのですが、本当に晴れなかったため本格的なテストとなりました。
もう一人来客があり水戸(東海村)の松本さん。
なんとD810Aをお持ちで最近購入したとか、GPDと望遠レンズでお気軽写真撮影のようでした。でもいつかはガイドによる本格撮影をしたいとかで、いろいろお話ができました。
まずは雲にやられながらなんとか撮影できた銀河
M106
イメージ 1
BRC250-M(1268mm)、ST8300M、AstrodonLRBG(-20℃)
EM400、Atikオフアキガイド
L10分 8枚、 RGB(2ビニング)各 10分 2枚
だいぶ雲が出て枚数を稼げなかったのでちょっと残念。
機材はセッティングとも大丈夫でした。

TOAST PRO
カラス座
イメージ 2
拡大 100%
イメージ 3
Kiss X5i、SIGMA50mmEXDG ISO800 300秒
テキストにあったケフェウス座の5等星と北極星をファインダー内に入れ正確に合わせました。
南天5分50mmで星が流れていませんので合格でしょう。
そのあとさそりを撮ったのですが、雲とかぶりがひどく処理に苦戦中です。
イメージ 4
これならお気軽にその辺で星座は撮れるかなと思っています。
連休後半に晴れることを期待して休みを取って待機しています。

ギャラリー
  • 北アメリカ星雲  NGC7000
  • 半年ぶりに希望が丘に遠征
  • 関連会社の文化展に写真を出品
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 東葛星見隊「暑気払い」
最新コメント