星空逍遥 sulafat

星空観察と天体写真

星空観察と天体写真

2015年07月

天文ガイド8月号「フォトれぽ」に掲載

梅雨本番となり、毎日ぐずついた天気が続いています。
6月に行われた「森と紙のなかよし学校」の様子を、天文ガイド8月号の「フォトれぽ」に載せていただきました。東葛星見隊の活動や日本製紙の社会貢献が記事になって大変うれしく思います。過去にも記事を載せていただいたので、幅広く活動の様子が伝われば、ボランティアとしてのやりがいが出てきます。
天体写真ではここのところ入選はおろか写真も撮っていませんので、さびしいものがありますが、皆さんの活躍に支えられ、そろそろ奮起しないといけませんね。
同じ8月号にはVistaさん「月を見上げる芝桜」と題した写真が入選し、おめでとうございました。
7月から10月にかけて、丸沼高原で流星群の観察会が目白押しに計画されています。東葛星見隊が中心で企画が組まれ(私は仕事でいけませんが)、多くの皆さんがお手伝いをしてくれるそうです。
「森と紙のなかよし学校」は9月26日・27日に19回目となる秋バージョンが開催されます。またその時も満天の星空となりますように。

天文ガイド8月号 P27
イメージ 1

Googleストリートビュー

今日自宅マンションをへんな車がうろうろしていたので、近づいてみたらストリートビューを撮影する車でした。屋根にはサッカーボールのような、たぶんカメラが数個付いているのでしょう、見慣れないものが載せてあり、大変目立つものでした。そういえば今住んでいる団地の拡大地図を見てもストリートビューにはなりません。今日撮ったビデオがそのうち公開されるのでしょうか。これが全国くまなく撮影されると便利となる一方、観光地など一度見てしまうと感動が薄れる心配もあります。昔なら本を読んでどこかへ行きたいなんて思いを巡らせ、文章から想像される景色と実際の素晴らしさに感動したものですが、今や事前にビデオなどで素晴らしいものを見てしまって、実際行くと期待外れなんてよくあります。予備知識を少なくしガイドさんに耳を傾け感動する、そんな旅行もいいかもしれません。
イメージ 1

ギャラリー
  • 北アメリカ星雲  NGC7000
  • 半年ぶりに希望が丘に遠征
  • 関連会社の文化展に写真を出品
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 東葛星見隊「暑気払い」
最新コメント