星空逍遥 sulafat

星空観察と天体写真

星空観察と天体写真

2012年12月

大阪新名所

昨日と今日大阪ヘ出張しました。大阪から離れて2ヶ月だけですが、新しく完成したものが2っありました。一つは阪急百貨店梅田は新宿以上にデパートだらけです。大きな吹き抜けが9Fにありフリースペースのホールになっています。無駄が嫌いな関西人には発想が及ばないような見事な空間でした。
イメージ 1

次は昨日の宿泊ホテルREMM。新大阪直結のビジネスホテルです。新スタイルのホテルで、すでに秋葉原と日比谷にはありましたが関西初進出。若者にはいいかも知れませんが、おじさんには風呂がないホテルはゆっくりした気になれませんでした。やはり温泉が一番です。
イメージ 2

手賀沼親水広場で星空観望会

12月1日我孫子にある手賀沼親水広場で星空観望会が行われました。
ここ手賀沼親水広場は県営でかつプラネタリュームがある大きな施設です。
東葛星見隊もここの応援をしており、写真の提供やこのような観望会の応援、さらにはプラネの操作も担っています。私も以前操作のお手伝いをしたことがあり、昔ながらの機材に緊張して操作した思い出があります。
さて当日は熱心な家族30人が参加。普段プラネに来ている人たちとあって、マナーが非常によく、さらに鋭い質問があり、いつもとは違う楽しさがありました。
まずはいつもようにKishinoさんの講義  今日の星空と星の探し方を説明
イメージ 1
午前中はにわか雨があったにもかかわらず、夕方は素晴らしい天気になり、月が出るまでの間はいろんな星を見せることができました。特にスバルは人気があり、ぼんやりと見える塊に「あれがすばるですか?」としっかりと位置を確認していました。
イメージ 2
 
合計6台の望遠鏡が設置されたため、参加者は余裕で観望ができ、各望遠鏡にへばりつくようにじっくり見ることができました。また、普段ではあまりできないコンパクトデジカメで写真を撮ることができ、撮れた!!と歓声をあげていました。
今のコンパクトデジカメは性能がいいのでなんとアイピースからM45が簡単に撮れました。
イメージ 3
手賀沼親水広場は近くに鳥の博物館や山科鳥類研究所などがあり、一応県北の観光地です。こんなところにもプラネがあるなんて、昔の箱モノ行政は良かったのかな!? もっとみなさんに知ってもらいたいと思っています。
イメージ 4
 
ギャラリー
  • 北アメリカ星雲  NGC7000
  • 半年ぶりに希望が丘に遠征
  • 関連会社の文化展に写真を出品
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 東葛星見隊「暑気払い」
最新コメント