星空逍遥 sulafat

星空観察と天体写真

星空観察と天体写真

2012年09月

観月

イメージ 1
 
これを見てなにか?すぐわかる方は相当の歴史ファンでしょう。
お題の「観月」は本当の月ではなくこの「月」です。
幼稚園生が描いたなんてことはありません。
これは高松塚古墳の壁画に描かれている「月像」です。
今日明日香村を散策してきました。台風が来るというので朝早起きをして、天王寺から近鉄特急に乗り、一路明日香を目指しました。なんと特急は2両編成でそのうち一両は今時喫煙車。時代遅れもいいとこですね。久々歩こうと思い、ルートをキトラ古墳⇒高松塚古墳⇒石舞台古墳というコースを取りました。12~13Kmはあると思います。
キトラ古墳
イメージ 2
古墳はコンクリートで覆われていて、大切に保護されています。中の様子を写真で紹介している看板が唯一それだとわかる代物です。石室の中には、高松塚古墳と同じような玄武、青龍、白虎、朱雀が描かれていて、保護のためこのように厳重に覆いをしているのでしょう。
とっても目立たないところにあり、観光客なんて一人もいなかったので1Kmほど過ぎてしまい、田んぼの中で一人寂しく歩いていました。それからほど近い高松塚古墳へ向かいました。
 
高松塚古墳
イメージ 3元の古墳の位置は展示室とはちょっと離れています。この中に石室があり、盗掘されたものの壁画が色あざやあかに残っていたのだそうです。
 
イメージ 4
 
展示室は古墳と別の場所にあり、レプリカですが本物と同じような材質でつくられとても神秘的でした。正面が玄武です。
 
「日像」 こちらは保存状態が悪いのか汚れで覆いかぶさっています。
イメージ 5
 
天井にある「星宿図」です。
イメージ 6
 
西にスバル、北に北斗七星が描かれていて、素人の私は「春」かなと感じていますが、中国から来た星宿図でしょうが、今と同じような星座がちらほらありそうで、それでも大半が想像付きません。死者の生活に必要な星々なのでしょう。専門家がどこかで解説しいていると思いますのであとで検索して見ます。この星々には金・銀が使われているそうで、身分の高さが伺えます。
 
次は石舞台古墳
 
その途中が散策コースとなっており、たくさんの環境客がいました。山間の棚田には彼岸花が咲き乱れ、今時のおばちゃん達が高級イチデジを持って接写に励んでいました。明日香村ですから本当はのんびりとした閑村なはずが、ここだけは観光バスから降り立った人たちが地図を片手に、ぞろぞろ歩いていました。
イメージ 7
清流や棚田を過ぎると「石舞台古墳」に着きます。一片が2m以上もある大きな岩がどっしり、迫力のある古墳で一度必見の価値あり。
ここではボランティアガイドのおばさんがいて、石がどのようにして運ばれたか、また組み立てられたかを丁寧に説明してもらい、我が東葛星見隊の解説同様、皆さん納得したという感じで聞き入っていました。
イメージ 8
イメージ 9
もっと見ようと思えばいろんな古墳、神社、古い建物などたくさんあります。それに近くには吉野があり、春には桜が有名です。今日のコースでよかったのは社寺ではないので線香がなかったこと、悪かったのは野焼きの煙で煙たかったこと。関西の旅行ではどこへ行っても新鮮な空気を思いっきり吸うことができませんでした(箕面大滝を除いて)。
 
そのあと夜は、私が通っていた”コワーキングスペース”のタコ焼きパーティーがあり参加しました。これはのちほど記事にします。

熊野古道 世界遺産

先日、といっても2回に分け熊野古道を散策しました。
 
まずは北の「高野山」(妻と行きました)。
難波から南海電車で約2時間。和歌山の山の中へ吸い込まれるようにレールが走っています。関東ならまだ宇都宮かという距離ですが、山の奥まで駅があり、そこからケーブルカーで更に高地へ向かい。やっと着いたと思ったら、またそこからバスで10分ほどで高野山に着きました。
空海が開いたという標高900mの高地に寺が散在しています。京都のようにあまり密集しておらず、バスで移動するくらい離れているところがたくさんありました。
平日に行ったのでお坊さんの数と観光客の数が同じくらいのゆったりとした雰囲気です。
歴史は得意ではありませんので、景色と雰囲気を楽しんできました。
比叡山延暦寺にも行きましたが、こちらの方が神々しい感じがしました。
 
弘法大師御廟   周りの過ぎの太さに驚きました
イメージ 1
 
根本大搭
イメージ 2
 
金剛峯寺
イメージ 3
 
 
次は那智勝浦(一人旅)
 
関東から一番行きにくいところはどこか?と考えた結果、那智の滝が一番遠いのではないかと思いました。白浜まで飛行機で行けばそれほどでもありませんが、新大阪から特急「くろしお」で4時間。新幹線なら広島を過ぎてしまいます。過去名古屋から南紀を回って大阪まで行こうと計画だけ立てたことがありましたが、無謀な計画でした。名古屋からでも4時間ぐらいかかるので、いかに陸の孤島かご理解いただけると思います。
 
それだけのところですから、覚悟していきました。それだけの甲斐あって熊野古道”らしき”参道を上り「那智の滝」が見えた時は感動しました。
普通これだけの滝なら、たとえば華厳の滝や袋田の滝など、入場料を払うまで滝の姿は見えませんが、ここは特段入場料を払わなくとも全容が見えます(折角なので入場料を払ってすぐそばまで行きました)。もしここが晴れていたならそのまま夜までいて、瀑布を背景に星野写真が撮れそうです。
勝浦はそのほか温泉とマグロ・クジラの産地です。
海を見ながら、かけ流しの温泉に入って、クジラのジャーキーで一杯。これをやってきました。
箕面から往復10時間、現地6時間の強硬軍。それでも達成感の方が強く楽しい旅でした。
 
熊野古道 大門坂
イメージ 4
那智大社と滝
イメージ 5
勝浦温泉(いろいろ聞いてここがかけ流しだそうです)
イメージ 6

岡山観光

出張の時間を有効に利用して手短に岡山を観光してきました。
朝早く起きて後楽園と倉敷に行ってきました。岡山というといつも通過県なので、観光は一度もありませんでした。
時間の都合上ありきたりのコースをご紹介します。
 
後楽園と岡山城。
いわずと知れた三名庭園の一つ。水戸の偕楽園、金沢の兼六園。水戸は近くですから数回行きました。しかし、他は未踏の地。今回その後楽園を見ることだ出来ました。
今から約300年前に岡山藩2代藩主池田綱政が藩主のやすらぎの場として作らせた庭園。とあって岡山城と一体化した庭園です。加川というの緩やかな河口を利用した城と庭園が見事に調和していました。ただそれほど大きくなく、調べていませんが偕楽園に比べたら猫の額に感じました。明治政府がこの三大庭園を外国人観光のため決めたそうです。都内の方が六義園や小石川後楽園などここ岡山に比べれば見事な庭園があったにもかかわらず、今で言えば地方振興でしょうか、各地の庭園が選ばれたそうです。
次は兼六園だ!!
イメージ 1
イメージ 2
市電ものんびりしていいですね。
イメージ 3
 
 
お次は倉敷。
江戸初期から物流の拠点で蔵が立ち並ぶ発展した街。これを倉敷市が美観地区として保護し多くの観光客が訪れています。特に大原美術館があるせいか女性が多いようです。こちらは堀の周り約500mぐらいに蔵や古民家が立ち並び、時代劇に出てきそうなところです。ただ残念なのが、みんなお店が入っていて、お土産とキャラクターグッズであふれていました。そこはさっさと通り過ぎて、おいしい店探し。
イメージ 4
ホテルやレストランへの納入の仕事をしているので、目鼻が聞くというか意外とはずれが少なくおいしい店を探すことが出来ます。外れたら食べ直すので。
駅前通りに「ままかり定食」の看板ときれいな暖簾が下がっていたのでわき目も振れず入りました。
なんと「ままかりのコース」。美観地区はどうでもいいので倉敷ならここへ行くべし!!
刺身、南蛮漬け、酢漬け、鮨・・  旬は春と秋だそうでこれからが本番、しかし、駅で売っているような貧弱な「ままかり」ではなく丸々と太った生きのいい魚でした。
サッパ(鯯)<魚へんに制> が本名で、このしろに似た20cmぐらいの魚です。しかしこのしろとは全く味が違い、”うまみ”が多く出ているような本当に隣の人のマンマ(ご飯)を借りたくなるようなお味です。百聞は一味にしかず。うまかった。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

関西の天文ショップ

関西の天文ショップ「協栄産業」と「国際光機」に行ってきました。
こちへ来たら一度は寄ってみたいと思っていました。
まずは協栄産業。
大阪駅から北へヨドバシカメラの裏手(かなり)10分ぐらいのところにあります。済生会中津病院のそばにあり、大通りから一本裏手の目立たないところにあります。神田の店よりちょっと大きいぐらいでしょうか。鏡筒の数はたくさんありました。今年は天文現象の当たり年でかなり儲かったらしいです。
イメージ 1
イメージ 2
 
次は京都の国際光機。
こちらは上桂という京都からは阪急嵐山線に乗らなくてはならず、ちょっと不便なところです。もっともネットショップで成り立っているのでしょうから場所なんてどこでもいいのかもしれません。
嵐山の近くですが、一般的な住宅地でちょっと見逃しそうな、駅からは奥の奥にあります。社長と色々話しました。最近は小型化が進み、大きな鏡筒や赤道儀は売れないそうです。中古で上がってくるのも大型ばかりだそうです。私の周りの皆さんは大型化が進んでいますけど・・・
一番売れているのはナノトラッカーだそうで、入荷するとすぐ売れるそうです。これでビクセンのポラリエも売れなくなったそうです。ましてやアストロトラックは全く出なくなったそうです。と言って見せてくれました。
今後はSBIGの新製品に期待しいてるそうです。経営者が昨年代わり、いろんな要望を聞いてくれるので、今度の新製品はかなり完成度が高いとか。ガイドカメラがフィルターの前あり、Hαなどでもしっかりガイド出来るそうです。今ユーザーから要望が多いのはSONYのチップにしてほしいということだそうです。やはりSonyはいいかも。私のRX100もこのように活躍しています。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
ギャラリー
  • 北アメリカ星雲  NGC7000
  • 半年ぶりに希望が丘に遠征
  • 関連会社の文化展に写真を出品
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 第24回森と紙のなかよし学校
  • 東葛星見隊「暑気払い」
最新コメント